ベトナムに住んでみてぶっちゃけどう?在住者としてよく聞かれる質問に答えます。(生活編)

あまりブログ記事で主観的な意見を書かない筆者ですが、今回は、2年間以上生活してきて、色々思うことが溜まってきましたので、これからベトナム生活を考えている方の参考になればと思い、正直な意見を語っちゃいます。
何もシュガーコーティングせず、そのままの意見を書きますので、もちろんマイナスな事も書いてますが、住んでいる方全員が同じ意見ではないことろご留意いただいた上で、あくまでも在住者の意見のひとつとして、ご参考いただければと思います。
以下、よく聞かれる質問に対して、答える形で書いていきたいと思います。

ホーチミンは暮らしやすいですか?

総合的に言って、暮らしやすいと思います。特に、他のベトナムの都市と比べても、経済の中心地というだけにホーチミンが一番暮らしやすいと感じます。
一番の理由は、コンパクトにすべてが揃ってるとこと。
中心地に住めば、レストラン、病院、職場、カフェ、バー、マッサージ、学校、習い事など、半径3Km以内で全て事足りてしまいます。
ただし、観光地はハノイや他の都市に比べて少ないです。ホーチミンは観光地として訪れるには、正直1日あれば十分です。

普段食事は何を食べてますか?

最初の頃は、もちろんベトナム料理を主に食べた時期もありましたが、1ヶ月で飽きてしまいました。
素材を活かす味付け、素朴な風味の日本の料理に慣れ親しんでいる日本人の舌には、香辛料などを多用して素材の臭みなどを隠し、味の素漬けにされたベトナム料理はどうしても1ヶ月で舌が飽きてしまうのだと感じました。
なので、ベトナム料理と比べると、値段は少し上がりますが日本食や洋食も多く食べます。ホーチミンでは様々な日本食料理が食べれるレストランが充実しており、日本食材が買えるお店も結構あり、助かってます。
特に、安定の味と手ごろな値段で日本食が食べれるSukiya丸亀製麺はよく利用します
一人暮らしに大変助かってます。
なので最近で言いますと、
30% 日本食(外食)
30% 洋食(外食)
20% 自炊、パスタやカレーなど簡単なもの
20% ベトナム料理(外食、ストリートフード含む)
っていう感じの食生活を送っていますね。

どんなところに住んでますか?家賃はどのくらいですか?

会社から近い、ホーチミンの中心地1区のDakaoというところに住んでますが、月380USDです。場所から考えたらお得物件かと思います。本当は、400USDなのですが、オーナーと交渉して20USD下げてもらいました。

9畳くらいある広い部屋で日当たりが良いですが、隣がレストランで、基本騒音を気にしない国民性なので、サーカーやなんかイベントがあるととにかくうるさいのが難ですが、家賃が安いので我慢して生活してます。

ベトナム生活は日々騒音との戦いなので、慣れないと辛いです。
もちろん、騒音が厳しい方は、二区など少し中心地から離れたところに住むという選択肢もあると思います。

休日は何をしますか?

私は体を動かすことがメンタルヘルスになってるので、特に予定がなければ趣味のダンスをします。
ホーチミンには最近ダンス教室が増えていて、習い事としてもオススメです。以下の記事でも紹介してます。
あとは、数少ない友達と食事行ったり、カフェ巡りしたり、月一回くらいスパ行ったり、Facebookのイベントなどから調べてワークショップへ参加したりします。
筆者オススメなカフェは以下で紹介中

ベトナムに一生暮らしたいと思いますか?

思わないですね。(即答!)
カオス環境に免疫ができたとはいえ、一生住むところではないと、住めば住むほど感じてきます。
理由はいろいろありますが、一番は人々のマナーの低さと、露骨な格差社会ですかね。。。短期的に住むところとしては、ありだとと思いますが、一生住むのはちょっと考えられないです。
中間層が人口のほとんどをしめる、ある程度の生活が保証された日本社会に育った私たちがベトナムへ来ると、露骨な格差社会の影響を様々な場面で感じずには居られません。
格差社会への不満からくる人々のあからさまな態度の悪さなど、マナーの低さ、長く住めば住むほど細かな面でストレスに感じてしまい、長く生活していると、ちりつもになって疲弊していきます。
短期的に住むのには、エネルギッシュでアジアのカオス感が楽しめる絶好の場所だと思います。また、不動産投資など、ビジネス目的でベトナム市場を狙うのも、豊富でコスパの良い労働資源は他に類があまりないので、そう言った意味ではベトナムは大いにポテンシャルのある国だと思います。

日本と比べて便利な事は?

ホーチミンでオススメなアプリ

配車アプリとデリバリーですね。
この二つは、ベトナム生活において欠かせないです。ベトナム生活必須アイテムです。行きたいところはクリックひとつで連れてってくる、欲しい食べ物もクリックひとつですぐ届けてくれる。超絶便利です。
以下でも紹介してます。
コスパの良い労働力があるからこそ成り立つ日本では成立しないこれらのアプリは、使わないとむしろ損だと思います。

日本と比べて不便なことは?

一番は社会規範などのルールが曖昧なこと。
そこからくる、交通の無秩序、不均質なサービスです。
例えば交通ルールですが、ルールはあってないようなもので、信号無視は普通で、歩行者優先ではないです。
秩序だった日本のルールに慣れていたため最初はとても困惑しました。
横断歩道を渡るのも一苦労しました。歩道にバイクが入ってくるのも普通で、逆走も普通です。危ない思いも多く経験しました。毎日考えれば、日本より交通事故のリスクのある生活を送ってます。
ベトナム社会全体に流れている、ゆるーく曖昧に成り立つルールそして、ルールを守るものが損をする、という風潮。
まさにそれが不便を生み出す根源なんだと日々感じてます。
不均質なサービスの例で言えば、レストランの味が一定でない、コンビニの品揃えが残念、などなどです。
日本だと、どこのコンビニに行っても一定の水準の品揃えを保ってると思いますが、
こっちは水準が均一に保たれてなく、場所によっては、牛乳がないとか、それ欠けたらまずいでしょ的な商品がなかったりします。そしてレストランの味などサービスも均質じゃない。
一定のサービスが保証された日本の環境に慣れていると、そうっ事がものすごく不便に、フラストレーションに感じますね。。。

ベトナム人て親日って聞いたのですが、本当ですか?

本当ではないですね。私もそう思って来てみましたが、来てみて、あれ?別にそうでもないな。てなりました。
それは、他の代表的親日国、例えばタイ、台湾と比べたら良くわかります。
2年以上住んでみて気づいたのですが、その他近隣のアジアの国(K国、C国)と比べたら、
日本は、公共投資も積極的にしてくれてるし、日本の商品クオリティー高いし、ドラえもんとかコナンの国でしょ?すげーじゃん。(ベトナム人この二つ大好き)だから相対的にいいかな。っていう感じくらいにしか9割のベトナム人は思ってないと思われます。
なので別に日本人だから良くされたとか、そうった経験はないです。
日本語学んでいる日本に興味があるベトナム人が、日本人の友達を作りたくて近寄ってくる、良くしてくれる、そんな程度ですね。
でもそれはベトナムに限らないですよね?
やっぱ自国が一番大好きという愛国精神が強いのがベトナムだと思います。
サッカー勝った時の熱狂的な暴走を見てすごく感じます。下記ビデオ参考ください↓

ぶっちゃけ日本人ってベトナムでモテますか?

男性と女性に分けて語りますね。またこれらは、筆者が生活していて感じる主観と、知り合いやその他知り合いのベトナム人から聞いた話に基づいて語ります。

男性

下記、筆者が完全に主観で勝手にランク付けしたベトナム人からモテる人種&国です。
1位 西洋人(白人)
2位    西洋人(白人以外)
3位 台湾人
4位 日本人
5位 韓国人
6位 シンガポール、マレーシア人
7位   中国人
まず前提として、ベトナムで外国人男性は基本モテます。理由は、一概には言えませんが、海外生活に憧れているベトナム人女性が多いというのは事実としてあります。
そして1位は間違いなく白人だと生活していて感じます。英語教師とかで来ている白人のほどんどはベトナム人妻を知らぬ間にゲットしてます。また社会面においても、白人の優位性があります。白人だからというだけで得する場面が多いのです。英語の先生などが顕著です。例えば、英語の先生を採用するにあたって、ヨーロッパ諸国の白人と、アジア系の人がいたら、白人の応募者の方が英語が下手だとしても、白人というだけで採用される場合は多々ある。というのを聞いたことがあります。
3位の台湾についてですが、え?っと思った方も多いかと思います。アジア人として、トップにランクインしている台湾ですが、実は台湾はベトナム人の大好きな旅行先なのです。格安ちょっと危ないLCCベトジェットから台湾<=>ベトナム便が頻繁に出てますし、日本や韓国シンガポールより物価が低いため、気軽に行きやすい、イケてる都会的で綺麗で安全なアジアの国。として位置づいてます。
そのためか、台湾に出稼ぎに行っているベトナム人も沢山います。そして台湾から戻ってくるときの飛行機では必ず中年の台湾人男性と、若いベトナム人女性のカップルというのセットにして目撃します。
また、国と国との関係性もありますが、国民レベルで言いますともう一つ台湾人人気の理由の一つに、価値観などが近く親近感が湧くというのがあるのではないかと思います。
ベトナムは中華圏の文化の影響を強く受けています
中華圏の文化といえば、家族を一番大切にする、血縁関係を一番大事にします。ベトナム人も同じ価値観を持ってます。
対して日本人男性の印象は、”冷たい、家庭を一番と考えない、仕事中毒”といったまベトナム人の価値観と全く相反するマイナスな印象を持っている人がいます。良い印象としては、お金を持ってる、勤勉などです。
そのため日本人と比べたら、台湾人の方が優しい、家庭を大事にするという印象を持っているのではないかと思います。
結果まとめますと、アジア人の中では2位に入る人気をもつ日本人(台湾の次)。上記マイナスな印象をぶち壊すハートでアタックすれば、勝算ありです。

女性

一方で日本人女性はベトナムでモテるのかと言いますと、正直、日本人女性に限らず、外国人女性はあまりモテないですね。
ベトナム人からしたら、外国人女性の方が収入高いし、言語の壁もあり、やはりベトナム人からしたらベトナム人女性が一番魅力的だと考えている人は多いと思います。
ただ、日本人女性は海外でモテる、という世界の共通認識はベトナムおいても言えることですので、ベトナムに住む外国人からモテるという可能性はあるかと思います。

ベトナムで英語は通じますか?ベトナム語が喋れなくても生活できますか?

ローカルのお店にいけばほぼ通じないですが、観光地では割と通じます。むしろ観光地では日本語が通じるところも多くあります。(マッサージ屋、ホテル、レストラン、ギフトショップなど)
生活においてはベトナム語は喋れなくても生活できます。
もちろん不便なこともあります。例えば、お得情報などがベトナム語でしか書かれていなくて見逃す、またぼったくられる。など
ただ、どういうコミュニティーで生活をするかにも寄ると思います。どローカルコミュニティーに入っていきたいと考えているのであればベトナム語は必須だと思いますが、
習い事などをしてそこからコミュニティーを築いていこうするのであれば、習い事をしているベトナム人の大半は、割とお金に余裕のある、ベトナムでは裕福な部類に入る人たちなため、上手じゃなくても英語が喋れます。なので最低限のコミュニケーションはとることができます。

まとめ

以上、在住者としてベトナム生活について良く聞かれる質問でした。また、マイナス面も書いていますが、もちろんプラス面もあります。

こちらの記事で語ってます。

ホーチミンに約1年間住んでみての振り返り【住んでみてよかった事編】

長々となってしまいましたが、これからベトナム生活を考えている人の参考になれば幸いです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *