ミークアン - Mì Quảng について

ミークアン – Mì Quảng について

ミークアン – Mì Quảng について Quangというのは、ベトナム中部に位置する、発祥とされるNam Quang州の名前から由来している。特徴は、きし麺のように平らな麺。主な具材は、エビ、鶏肉、魚、牛に黄色味がかったスープ。このスープは、骨や肉から取れる出しに、魚醤、胡椒、ガーリック、シャロット、ターメリックなどが加えられ、独特の風味と色合いが作り出されている。トッピングのピーナッツ、ごま煎餅のようなRice Crackerと一緒に食べられるのが一般的。少し辛いが、うどんのようなコシのある麺は日本人好みの料理だ。

Continue reading »
バインダー・クア Banh ĐA Cua

バインダー・クア Banh ĐA Cua

バインダー・クア Banh ĐA Cuaについて 北部のハノイにある、ハイフォン地域(Hai Phong)の名物料理。 コシのあるサトウキビが練りこまれた茶色のきし麺が特徴。具材の決め手は、蟹の甲羅に入った”カニの身と、豚肉と、キノコが混ざった蟹肉団子。 その他、トッピングにはトマトや、morning gloryと呼ばれる水ほうれん草や、空芯菜などが添えられる。蟹でとった出汁をさっぱりといただく。 トマトやカニの甲羅の赤、空芯菜や野菜の緑、そして、茶色い麺のカラーコンビネーションも食指を刺激する。写真映えすること間違いない一品だ。 どこで食べれる? – Where to eat Banh Da Cua

Continue reading »
Bun Cha - ブンチャー

Bun Cha – ブンチャー

ブンチャーとは ブン・チャーとは、ハノイ名物のベトナム料理。ベトナム人からはよく、ブン・チャー・ハノイ呼ばれ、ベトナム各地で親しまれている。日本のつけ麺のようなもので、香草と、グリルした、ポーク (chả) に、白い細いソーメンのような麺(bún)を、特製の甘酸っぱい汁に絡ませて食べる。 この料理の決め手となる特製のソースは、酢と魚醤と砂糖から作られる。だが、お店によって秘伝のレシピがあるようだ。 どこで食べられる?Where can we eat in Saigon. 屋台や食堂などでも多く食べられる食事だが、ホーチミンで有名なお店は”クエンネム”というお店。詳細はこちら。

Continue reading »

Bánh xèo – バイン・セオ

バイン・セオ(Bánh xèo)とは よく、”クレープとオムレツの合の子のようなもの”ものと例えられる。日本食ではよく、”ベトナム版お好み焼きのようなもの”としても例えられている。ココナッツミルクと米粉から作られるほのかに甘い薄いパンケーキに、多くの地域で追加でターメリックが入れられる。実はこの料理の鮮やかな黄色は、卵だけではなく、ターメリックの色のようだ。 このパンケーキに、もやしやタロイモ、人参、茹でたエビ、茹でたポーク、などが挟まれて出てくる。お好みで、香草と一緒に挟んで食べる。ココナッツ味ミルクでできた外がカリカリの生地に、肉のジューシ、野菜のサクサク感のコンビネーションが、バインセオのおいしさの秘訣。写真映えすること間違いないベトナム料理の一つだ。

Continue reading »

フー・ティウ – Hu Tieu

フー・ティウ – Hu Tieu とは カンボジアや中国から伝来したと言われるHu Tieu. 北部のPho、 南部のHu Tieu と言われるほど、南部の代表的なベトナム麺料理。Phoと異なり、うどんのようにコシがあるが特徴。 街の至る所の屋台や、食堂で食べられる。 決め手となるだし汁も、お店によってまちまちだ。骨、野菜、豚肉、乾燥したイカ、角砂糖から取られるだし汁は、何時間も煮込んで手間暇かけて作られる。 バリエーションも豊富で、ビーフシチューフーティウ、Hu Tieu Bo Kho、 特製の甘塩っぱいだしのかかった汁なしHu Tieu Khoは特にオススメ。 お値段も格安で、屋台だと、15,000 VNDから食べられるのも嬉しい。

Continue reading »

Bahn Cuo – 蒸し春巻き

蒸し春巻き – Bahn Cuonとは 春巻きのような細長く透き通る美しい見た目のフエ名物の料理。 米粉を練って作ったもちもちとした皮に具材を包んで蒸した料理。一度食べるとぷるぷるとしたもちもち感が病みつきになる。エビの入ったエビ入り蒸し春巻きや、豚肉入り蒸し春巻きが代表的な具材だ。  

Continue reading »
生春巻き - Goi cuon

生春巻き – Goi cuon

生春巻き – Goi cuon 言わずと知れた、ベトナム料理の代表的存在。 発祥は南部で、初めはベトナム国内ではメジャーではなかったが、観光客によって人気が高まったことにより、人気がベトナム全国へ広がり、国を代表するメニューへと進化した。北部では揚げ春巻きが食べられるのに対して、南部では生春巻きが食べられる。米粉から作られるライスペーパーを利用して、野菜や肉またはエビ、香草、茹でたビーフンなどを巻いて食べる。エビや肉の代わりに、ベジタリアン用の豆腐や、マッシュルームが入ったものもある。ソースは甘酸っぱ辛い、大豆ベースの唐辛子となますの入ったものがよく使われる。 野菜もたくさん摂取でき、ヘルシーなところは女性にも大人気の一品だ。

Continue reading »